ボーリングの歴史

今でも多くの人から愛され続けているボーリング。
手軽に老若男女問わず楽しめる事から長きに亘って親しまれていますが、実はその歴史はとても古く、7000年前頃にはエジプトですでに存在していたと言われています。
昔から余ほど人気が有ったのか、イギリスでは13世紀頃にボウリングが武道の妨げになるとされ、禁止された時期が有ったのだそうです。
また、コネチカット州でもその時代に主流だったナインピンが禁止され、それに続くようにニューヨーク州でも禁止になりました。
そして、ナインピン禁止の法律の網を掻い潜るように誕生したのが現在も主流なテンピンボーリングです。
日本では1861年6月22日に長崎県出島にオランダ人がボウリング場を作ったのが始まりとされており、それにより現在も6月22日には「ボウリングの日」と称されたイベントが日本各地のボウリング場で開催されています。
当時まだ日本ではボウリングは珍しく特別なものだった為、今とは違い上流階級の人だけが楽しめるスポーツでした。
そんなボウリングがブームとなったのは1970年頃。
今では1000センター程になったボウリング場ですが、当時は全国で4000センター近くも有った程大人気でした。
そして現在、この頃のブームほどではないものの今も廃る事無く紀元前から存在し今も愛されているスポーツと言えば同時期に上陸したサッカーと、このボーリングくらいではないでしょうか。